鵜の眼・鷹の眼ご意見番

鵜の眼、鷹の眼の視点で、世の中の不可思議を切り取っていくブログです

ある市長の奢り 「目指すは日本一のまち」

f:id:norimakihayate:20200514093752j:plain

 私が棲む街で、いつも頭に来る場所がある。我が街には川が何本か流れているが、そのうちの殆どの川堤は細い路地だ。川沿いの細い路地は老人が(いや、老人には限らないかもしれない)散歩をする道だ。子供や赤ん坊を連れたお母さんが子供の手を引いて歩く場所でもある。

 しかし、我が街ではこの川沿いの堤の細い路地は車の抜け道になっている。車同士が擦違えないほど細い路地も多い。それにも関わらず一般車道の混雑を嫌がってわざわざこの細い路地を擦り抜ける輩が後を絶たない。急いでいるから抜け道を使うのだという意識がそうさせるのだろうが、細い道に関わらず、猛烈なスピードで擦り抜けようとするので頗る危ない。

 冒頭の画像はそれら細い川沿いの堤の路地のひとつだ。この道を私は週二回、接骨院の治療の為に自転車で通り抜ける。二回に一回ぐらいの頻度で真正面から、あるいは背後から車がやってきて、我が物顔でやってくる。その殆どは道を譲ろうとしない。また、一般の路地からこの川沿いの堤の道に入る登り坂のT字路で物凄いスピードで通り過ぎる車を目撃することが多く、とても怖い。近隣の家の前栽で見通しが効かないこともある。しかし通り過ぎる車は見通しが効かないぐらいは何とも思わないようでスピードを落とすことはない。

 

 この私の憤懣を逆撫でするかのようなポスターがる。市長の宣伝ポスターだ。冒頭の画像は実は合成画像で、この道のこの場所にある訳ではない。しかし、実際にはこの場所を進んで数百メートルほど進んだ場所に丁寧に二箇所にも設置されている。謳い文句が揮っている。「目指すは日本一の街」 ふざけるのもいい加減にしろという気持ちになる。

 棲みやすい街づくりの要因は幾つかある。しかしもっとも大事なものの一つに、人が安心して歩ける道が整備されているということがあるだろう。運転する立場に立ってみても、人が歩いて通る道と車が走る道が分離されていればいるほど、車の運転もしやすく神経をすり減らすことが少なくて済む。このような街づくりには時間がかかる。一朝一夕で出来ることではないのは理解出来る。

 しかしながら細い路地を抜け道として利用するドライバーを規制するのは、早急に出来ることでこれをしないで放置しているのは為政者の怠慢という他はない。少なくともこういう為政者には「日本一の街づくりを目指す」などと標榜する資格はない。

 もう少し突っ込んだ議論をすると、我が街の川堤の路地には一般家屋が隣接していることも多い。そういう家には駐車場があって車を持っており、川沿いの道を通らなければ車を使うことが出来ないという事情がある。だから車両通行止めには出来ないのだなどという言い訳をするのならば、それは頭が悪すぎるとしかいいようがない。

 こういうケースでは道の何処かで車が通行出来ない隘路を作ればいいだけの事だ。最も簡単なのは車の通り抜けを出来なくする金属製のポールを立てればいいのだ。この道沿いに棲む住人は車を使う時は、その隘路ではない側に車を出せばいいだけの事だ。棲んでいる住民には多少の不便が出るかもしれないが、元々車を使うのだから多少の遠回りがあってもそれほどの問題が生じるとは思えない。それにそんな狭い路地に接して棲む住人であれば、その道を歩くこともあるだろうし、狭い路地に車が通り過ぎることの危険性は普段の生活で嫌というほど認識している筈だし、車を使う際には慎重になる筈だ。問題なのはその道沿いに棲んでいない人間が抜け道として使うことだ。ただ通り過ぎる為だけにその道を使う人間には、そこに棲む人への配慮が無い。ただ早く通り抜けたいだけなのだ。だからこそ、その道の途中に隘路を作って外部から来る車には通り抜けが出来ないようにすれば全て解決するのだ。

 こういう事は為政に携わる政治家のトップ、あるいはリーダー的立場の者の鶴の一声が一番効果がある。まさに「日本一の街づくりを目指す」リーダーがするべき仕事なのだ。それもせずにこんなポスターを掲げる為政者は恥知らずという他ないだろう。

 

わかりやすいベトナム戦争 を読んで

 つい最近三野正洋という人の書いた「わかりやすいベトナム戦争」というのを読了した。きっかけは、私の通うカトリック教会の主任司祭の言動が理解しかねる事案が続いていて、ベトナム人である彼の事を理解する手助けにならないかと思ったからだ。

 我が主任司祭はベトナムボートピープル出身だ。かれが書いた壮絶な自伝を読んだだけでも、普通の人生を歩んできた訳ではないことが良く分かる。しかし、ただそれだけでは彼の言動を理解するまでには至れなかった。その根底にあるベトナム戦争の本質について知らなければきっと完全には理解できないだろうと思ったのだ。

 

 ベトナム戦争を知ることについてはもうひとつ動機があった。もう随分古い話であるが、私が小学校の五年生だった時だったと思う。社会科の授業の一環で「ベトナム戦争について記せ」というテストがあったのだ。ちょうどその頃、直前にアメリカ合衆国ジョン・F・ケネディが暗殺され、日本で最初のオリンピックが開かれようとしていて、名神高速道路が開通し新幹線が開業を始めようとしていた頃の事だ。

 ベトナムではいわゆるベトナム戦争というものが始まって四年目を迎えた頃にあたる。その頃の小学校では新聞を読むことが推奨されていたように思う。新聞をちゃんと読んでいればベトナム戦争について小学生といえども何らかの事は書けるだろうという思いがその社会科教師にはあったのではないだろうか。

 しかし、今振り返ってみると、小学校五年の生徒に向かって「ベトナム戦争について記せ」という設問は幾ら何でも無茶な注文だった筈だと思うのだ。幾ら新聞を読んだからといって、ベトナム戦争の本質が書かれている筈もなく、設問を出した社会科教師ですら本当の事は知らなかった筈だ。当時の無責任な新聞ジャーナリストが書いた表面的な記事、それもアメリカ政府を通じて報道されたものを適当な部分だけ翻訳して綴ったような記事を、したり顔で俺はちゃんとベトナム戦争について理解しているなどと大見得を切っていたのだろう。だいたい太平洋戦争終結から二十年も経っていない頃の社会科教師などというのは、殆どが左翼運動家みたいなもので、戦後の反動で借りものの民主主義を唯一の真実だと信じる一方で、マルクス共産主義にかぶれているような怪しげな似非平和主義者を標榜する無責任教育者でしかなかったようだ。

 話を元に戻して、その社会科教師が出した設問に私は「ベトナム人民解放戦線は・・・」とそこまで書いて絶句している。当時ベトコンという言葉が報道で流行って使われているのは知っていたが、その日本語訳がベトナム人民解放戦線というのだとまでしか知らなかった。そのテストの採点がどうだったかはもう全く憶えていない。ただ、憶えているのは自分なりの理解でベトナム戦争について語ることが出来なかったのがとても口惜しかったという事だけなのだ。

 

 今回「わかりやすいベトナム戦争」を読んでみて驚愕した。それまでベトナム戦争というのはソ連を後ろ盾にした北ベトナムと、アメリカを後ろ盾にした南ベトナムとの間の戦争だと思っていたからだ。そういう側面も後には全くないでは無かったが、私が小学五年だったベトナム戦争が始まって四年目頃は全く違うものだったのだ。その事を還暦もとうに過ぎてしまった自分が今やっと知る事が出来たのだ。

 ベトナム戦争の表面的理解は自由主義、民主主義対共産主義社会主義イデオロギー戦争というものだろう。もしかしたら私が習っていた小学校の社会科の教師もそんな答えを期待していたのかもしれない。確かにアメリカがこの戦争に加担したのは世界にこれ以上共産主義国家が産まれることを阻止する為だったようだ。しかし北ベトナムではなく、南ベトナム内部の政府軍対反政府勢力との抗争により始まったこのベトナム戦争は本質的にイデオロギー戦争では無かった。世界から共産主義国家を撲滅しようとするアメリカと、うまくつけこんであわよくば南ベトナム共産主義国家にしてしまおうとする当時の共産主義勢力、北ベトナムソ連、中国などに利用されただけでベトナムを何から解放するのかはあまり議論されなかった戦争だったと私には見える。

 

 もうひとつの観点はベトナム人は馬鹿だと言う事だ。日本など自由主義陣営と呼ばれる国家では一般的に自由主義、民主主義は正しいものであり正義である、逆に共産主義社会主義は悪であり邪悪なものであるとされている。

 私は共産主義国家にいい国があるとは未だに思わない。将来に亘っても国民が幸せで平和に暮らせる国家が共産主義を土台にして築けるとは思っていない。問題はそこではなく、自由主義、民主主義の国だからと言っても必ずしも国民が幸せで平和に暮らせる国になるとは限らないのだということがベトナム戦争の一番の教訓なのではないだろうか。

 人間は本質的に愚かであり、暗い側面を有している部分が必ずあることをまず理解しなければならない。その愚かさや暗い側面をきちんとコントロールできなければ、南ベトナムのような悲惨が国が自由主義陣営、民主国家であろうとも出来てしまうのだ。アメリカは(勿論当時のという前提はあるが)この事に気付けないまま、自由主義、民主主義こそは正義であり、共産主義国家は戦争をしてでも阻止しなければならないのだという誤った理想論を捨てきれなかったのが戦争を長きに亘って継続させてしまった大きな原因であり、そう言った意味ではアメリカ人もバカで愚かだったのだ。しかし一番愚かだったのは南ベトナム人たちであり、それに続くのが共産主義を未だに信奉している北ベトナムを始めとする共産主義国家の民族たちなのだろう。

 

 翻って日本あるいは日本人はどうかというと、太平洋戦争に突入してしまったという点では愚かさの点ではベトナム人たちに対して優性を自慢出来たものではないかもしれない。しかし少なくとも戦後数十年を経て日本人はその愚かさから立ち直ってこれたと言えるのではないかと思う。アメリカの力を借りたという側面は否定は出来ないが、基本的には自力で立ち直ったのだと思う。それに比べてベトナム人、特に嘗ての南ベトナム人は国を捨てて逃げることしか出来なかったのだ。

 いろんな人がいる中で、いっしょくたにしていい国、駄目な国というのはいささか乱暴ではあるが、いいリーダーを輩出出来る国あるいは国民と、いいリーダーを輩出出来ない国あるいは国民というのはあるのだと思う。

 「わかりやすいベトナム戦争」には今のベトナムについては殆ど書かれていない。情報が少ない我々日本人には、今のベトナム民主化され自由主義国家のようにふるまっているように見える。経済も自由主義国家並には持ち直してきているようにみえる。しかし嘗てわたしたち日本人がベトナム戦争について本質的な事を理解していなかったように、今のベトナムという国が本当はどんな国なのかは理解出来てないと考えるほうが自然だ。結局のところ、ベトナム戦争が何だったのかは大体理解出来たものの、ベトナム人とはどういう人達なのかは、嘗ては愚かだったということしか判らないとは言える。

吉本興業幹部の驚くべき事

 昨今、マスコミを賑わしている吉本の芸人と会社幹部の遣り取りの件だが、私が一番驚いたのは、社長と会長が反省の意味を込めて年収を自主的に半分にさげると申し出たことだ。

 社外の人間はともかくとして、吉本社内の社員にしろ雇われている芸人にしろ、誰も社長や会長の年俸など知らないだろう。これが半分の額ですと言われても「ああ、そうですか」と言うしかない。

 

 「は、年収の半分でっか。それはきつ、おまへんか?」

 「なにを言うてはるんです、社長はん。社長や会長の年俸が幾らだか誰が知っとるちゅうんですかいな。今まで貰ろうとった分そのまま貰らははればよろしがな。その額が半分でっせと言っとったらいいんですがな。誰も本当の額を知らんのやし。」

 「あ、なるほど。さすが弁護士さんは頭が宜しゅおすな。なるほど・・・。」

 「その代り、この助言は高とう付きまっさかいにな。それなりの弁護士報酬は頂かなあきまへん。」

 「わかりまんがな。おまかせくださいな、へっへっへっ・・・。」

 こんな会話が聞こえてきそうだ。

厚木警察署の深い、深い闇 小林誠の事件

 小林誠実刑犯による逃走から大分時間が経ってマスコミもそろそろ取り扱わなくなってきているので、敢えてここで触れておきたい。

 今回の報道の中で何故かあまり口にされない事、それは神奈川県警、とりわけ厚木警察署に関する非難である。

 勿論、一義的な責任は検察、横浜地検にあるのは私も否定しない。しかし今回のような事が起こったことに厚木警察の関与がとても重大であったと私は思っている。

 厚木市、とりわけ妻田とか三田とかいった地区の住民に小林誠、あるいわ小林三兄弟などと称される悪に関しての評判は昨日、今日の話ではない。実際かなり小さい頃から小林は悪事を重ね、少年院送り、実刑判決を重ねている。それを一番よく知っているのは管轄である厚木警察署の筈である。

 だから横浜地検が警察に向けて小林を収監するのに警察官二名の同行を依頼した際に、どういう準備で向かうべきかを一番よく知っていたのは厚木警察だった筈だ。検察はしょせん紙で作られた資料でしか事件や犯人を知らない筈だ。生身の人間として一番把握していたのは所轄の厚木警察署ではなかっただろうか。

 私は厚木警察署がよく分かっていて、その上で警察官二名を、丸腰でとまでは言わないが、少なくとも拳銃の所持なしで出掛けたのはある意図があったと思っている。つまり厚木署は最初から小林誠が逃走することを想定し、その上で逃がしたのではないかと推測しているのだ。

 その一番の証拠が小林が逃走する際に口走ったという「お前ら、騙したな。」

のひと言だ。

 まず、お前らとは誰の事か。小林が横浜地検に対してお前らと言った筈はない。何故なら再三に亘って書面にて横浜地検からは収監するから出頭しろという命令を受けていたからだ。横浜地検が自分を捕えに来るのは小林も当然の事と思っていた筈で、よもや騙したなどとは言わない筈だからだ。

 となると小林がお前らと言ったのは警察に対してでしかありえない。検察は収監すると言っているが、そうは言っていなかった人物、組織があり、それに対して小林は「騙したな」と言ったとしか考えられない。つまり小林と厚木警察の間には密約があって、「お前を収監はしない」あるいは少なくとも「すぐには収監しない」という話を小林に対して言い渡していたのだと思われる。

 次にこの「お前ら、騙したな」と小林が発言した事を誰がマスコミに対して洩らしたかだが、それは横浜地検側としか思えない。実際この声を聞いたのは、横浜地検の役人五名と警察官(おそらく厚木署の)二名しか居ない訳だから、マスコミに洩らしたのは地検側か警察側かのどちらかだ。そしてこの両者はある意味で反目しあう立場にある。少なくとも絶対的な信頼感で結ばれていた筈はない。

 「お前ら、騙したな」は、収監する側と収監される小林の間で何らかの密約があったことを一般人に想像させる言葉だ。そうなると敢えて収監劇の最中に犯人との間で密約があったらしいという言葉をわざわざマスコミに洩らすからには、収監に立ち会った二つのグループのどちらからかと言えば、自分達は真面目に収監する為に向かったのに、どうもそれを邪魔する動きが検察、警察の中にあったせいで取り逃がしてしまったのだと言わんばかりだ。

 実刑犯を収監するのは地検の責任だが、一旦逃走しようとした場合にはそれを命を掛けて阻止するのは警察の仕事であるのは誰が考えたってそうだろう。その為の充分な準備をする責任も、車での逃走を想定してあらかじめ車をつかえないように手配するのも、すぐに通報して包囲網を敷くのも全て警察のやるべき仕事で、どう考えても出来た筈の事ばかりだ。それをしなかったのは、そうしないという意志があったとしか思えない。

 この逃走劇が始まる前から小林誠という男が凶悪な男であるのはさきほども述べたように厚木警察が一番よく知っている筈だ。承知していて愛川地区や厚木市内に放置していたのだ。横浜地検がプライドを捨てて警察に同行を求めた際にも、厚木署は地検側ではなく、逃走犯側に加担するつもりで臨んだというのは私の考え過ぎだろうか。そう考えれば実に辻褄が合ってしまうのだ。

 神奈川県警、厚木署共に、今回の事態に対して会見をしていない。沈黙を守り続けている。どう悪知恵を働かせても今回の失態(わざとやったのなら失態ではなく、失敗?)の言い逃れをする正当な言い訳が立たないのだろう。

 私自身は逃走したという報道を聞いたのが翌日の朝で、それから二日間ほどは犯人が車を乗り捨てた場所、衣服を変えて入ったコンビニと理髪店の場所、そしてその後電話を20分ほど掛けたというコンビニの場所を特定する情報は一切流れなかった。ちらっ、ちらっと映るテレビの報道の背景からグーグルビューを駆使して私自身が場所を特定するのに最初の報道を見た時から半日ほど掛かってしまった。その間、マスコミもその場所に実際テレビカメラを持ち込んで映しているのに、そこが何処なのか一切報道しなかった。その近辺に棲む者にとってはたまったものじゃない。あの逃走後の数日間、妻には車に乗る際には必ずロックを掛けたままにするように命じ、私自身夜寝る時には実に久々に雨戸を閉めた。あの数日間は小林自身が逃走用の車や必要機材を確保する為に一般民間人に包丁を突き付けて脅すという可能性は充分に考えられたのだ。それにも関わらず、警察もマスコミも場所を特定する情報を流さなかったのだ。

 私自身は神奈川県警、厚木警察署に関して不審を抱かざるを得ない事例を幾つか経験しているので、さもありなんと思っている。彼等は自分たちは守っても住民たちを守るつもりなど更々ないのだ。

 

丸山議員バッシングに物申す

 随分久々に記事を更新します。

 戦争発言で維新を除名され、更には殆どの野党から議員辞職勧告が出される事態になった丸山議員についてちょっと思うことがある。

 私は丸山議員の発言の全貌を完全に把握している訳ではないので、彼を擁護する発言をする立場にないが、ひとつ言いたいことがある。戦争という言葉に過剰反応して、戦争という言葉を使うだけで議論から排除しようという幼稚なメンタリティをそろそろ日本人は卒業すべきなのではないか。

 今、丸山議員を議員辞職勧告してやめさせようとしている野党の人達の動きはまさにそれではないか。本当にすべき事は辞めさせることではなくて、戦争によって国土を確保したり奪還したりすることの是非について徹底的に論議することで、議論を封じて戦争という言葉を無かったことにすることではないと思う。それは駆逐艦護衛艦と呼べば許されるとか、いずもは空母ではなく護衛艦だというような虚しい空論でしかないと思う。

 戦争というものに目を背けずに直視しながらきちんと論議して、どうすれば平和な世界が築けるのかを真剣に議論しなければならない時期に来ていると思う。ほんのちょっと前に現実に武力行使ウクライナからクリミアを奪い取ったロシアと北方領土返還を議論している日本に今、一番大切な事は戦争という言葉に過剰反応してそれを封じることで無かったことにするという事ではないと思う。有史以降、国という概念の集団が領土を確定してきたのは戦争という歴史的事実でしか無いということを日本人は直視すべきだと思う。

 

ディールの天才 ドナルド・トランプ

f:id:norimakihayate:20171220083545j:plain


 米朝首脳会談の結果を見て、世界中のマスコミがしてやられたと思っただろう。あの結果は今となって考えるに、最初からトランプ氏の頭の中には描かれていたシナリオなのだろう。

 あの日の夕方の日本公共放送の報道番組ではおそらく用意していた材料が全く使えないことが分かったせいだろうが、本当にさらっとしか触れていない。ここぞとばかりに偏向報道を用意していたに違いない。そういう局だから。それが見事に裏を掻かれて、ぐうの音も出なかったのだろう。最初から事実のみを坦々と報道する用意をしていたのなら、あんなにあっさりとしか報道出来ない筈はない。私からすれば、ざまあみろだ。

 しかし、おそらくは一番ショックを受けたのは世界中のどの報道機関よりも、当事者のキム・ジョン・ウンその人だろう。まさに王手飛車取りを咬まされたようなものだ。ああ、そうですかと平気の平左で帰国したのでは国民(そう言っていいのか疑問はあるが)に対して顔が立たないし、かと言って報復措置をちょっとでも見せれば、それこそトランプの思う壺で、米国内のロシア疑惑等々を吹っ飛ばす為に一気に北朝鮮に米軍を攻め入らせるだろう事は目に見えているからだ。

 核廃棄は急がないだとか、全面廃棄はすぐには出来ないだろうとか、最初から芝居だったとすれば、それこそ千両役者と言っていい。

 今日の画像は、いつもすぐに正確に名前を言い分けられないキム一族の名前がさっと出てくるように以前作ったものだ。特にジョン・ウン、ジョン・イル、ジョン・ナムがごっちゃになりやすい。

 

 

群集心理と民主主義

 沖縄県民投票は嫌な予感がしてはいたが、結果を見てやはりやっちまったかあという感が否めない。

 以前から私は直接民主制というのか、国民投票、県民投票というような全員参加型の投票には懐疑的だ。しかも、大英帝国スコットランド独立に続くEU離脱国民投票で大失敗を目の当りにした直後の事だ。嗚呼、何て人類は過去に学ばないのだろうと思ってしまう。

 

 以前から群集心理というものと民主主義の違いは何だろうとずっと思っていた。多数決はいい事なのかどうかという問題提起でもある。

 

 私は民衆は基本的に愚者の集まりだと思っている。居る者全部で多数決を採ると碌な結果に終わらない。

 私が小学生時代を過ごした昭和中期は、まだ戦争を体験した教師がごろごろしていた。戦争中は米英鬼畜を叫んでいた輩で、戦後突然民主主義に翻ってしたり顔をしていた連中だ。私は小学生時代、中学生時代を通じて民主主義を信じなかった。その時代の学校での選挙や多数決による決定はそれはそれは酷い物だった。何故かと考えるに、民衆とか大衆とか全体は愚か者の集合だからだと思う。デマゴーグという言葉がある。大衆が何かに踊らされて間違った決定や動きをしてしまうことだ。発祥は遠くギリシャ時代まで遡る。つまりそんな大昔から大衆に決議を任せると碌な事にならないと言う事だ。

 だからその修正として間接民主制が生まれたのだと思う。愚かな民衆の中から少しはマシだと思われる人のみを選出してその人達に多数決を任せる。それこそが失敗しない(絶対成功するとは言えないが)民主主義なのだろう。

 

 振り返ってみるに何故このような沖縄県民投票というような愚挙が実施されてしまったのかというと、見るからに知性も品性も感じられない外国人みたいな名前の沖縄県知事のせいだ。私は彼に悪意があるとは思っていない。知性が足りないだけなのだと思う。知性が足りない故に、外国人勢力の陰の力に操られ踊らされているだけなのだろうと思う。ちゃんと意識して自分の考えでもしああいうことをやっているのだとしたら恐ろしいことだ。彼の選挙パフォーマンス以降、彼には知性というものを感じたことがない。それは前知事だった翁永知事にも共通して感じたことだ。

 

 日本人は「日本国紀」を著した百田直樹氏が書いているように素晴らしい民族だと私も思っている。しかし欠点もある。それは煽られ踊らされやすい国民だということだ。太平洋戦争を起こしたのも主にはそれに依っていると思う。私は今回の沖縄県民投票は、沖縄県が全国に恥を晒しただけのものだったと残念に思ってならない。